amazonカードでキャッシングをしよう

お金が必要1

amazonでは様々な品物が販売されており、欲しいものが見つかることがあります。どうしても購入したい品物があって、手持ちの資金が不足している場合にはキャッシングを利用してお金を借りると便利です。amazonと提携しているキャッシングカードを作ることで、買い物の際のポイント還元率が高くなるサービスも行われています。

提携先のカードを使うと自動でポイントが付与されるので、交換を忘れるのを防げます。

amazonと提携しているキャッシングカードがある

amazonと提携を行っているキャッシングカードはいくつかの種類が存在しますが、一般的なものは年会費が無料です。入会するには年齢基準を満たす必要がありますが、年齢条件は満18歳以上の人です。申込方法はネット上で登録できますので、ホームページにアクセスして氏名や住所、確認用のメールアドレスなどの必要事項を入力することで手続きが完了します。

カードの手続きが済むと番号が自動的にamazonに登録されるので、そのまま通販で使えます。カード自体は簡易書留で発行されるために、自宅に届けられるまでに数日かかります。ネットで申込み手続きを行うと、最短で3営業日でカードが発行されるので早ければ1週間ほどで郵送されます。

口座の設定も署名や捺印は必要なく、ネットでの手続きだけなので簡単です。申込みの受付時間は9~19時までと決まっているので、キャッシングカードの作成を希望している人は受付時間の範囲内に申込みをすることが大切です。

利用条件には支払い口座がネット上で完了できることも含まれています。キャッシングカードの審査は即時で行われるので、通過できるかすぐに結果がわかります。PCの環境によって登録が上手くできないときがあるので、環境を確認してから申込みをすることがおすすめです。

手続きをしてから次年度に1度もamazonを利用しなかったときには年会費が1350円かかりますが、前年度までに1回でも使用すれば年会費は次の年以降も無料です。『参照元 ... 消費者金融カードローン ... NoLoan

利用明細書はWEB上ではなく、紙の明細書が送られます。

ポイント付与率が高い

amazonカードの最大の特徴は、amazonで利用したときにポイントが付くことです。通常の会員ならば1.5%、プライム会員ならば2%のポイントが貰えます。ポイント付与のタイミングは、amazonで品物の購入をしてから発送される際にアカウントに自動的に加算されます。

獲得したポイントはamazonのホームページにログインすれば、いつでも確認できます。ポイントには有効期限があり、最後にamazonポイントを使用した日、または獲得日から1年間有効です。1ポイントあたり1円の価値があるために、有効期限が切れる前に使用することが重要です。

クレジットカードならばポイントが貯まった後に引き換える必要がありますが、amazonカードは一定のポイント数に達するとギフト券への交換が可能です。ギフト券に交換するときに手数料がかかることもないですし、自動的に手続きが行われるのでユーザーにとって手軽です。

ギフト券は金券ショップに持ちこむことで売却すれば、現金に交換もできます。amazonで購入したい品物が見つからない場合には、ギフト券を現金化する方法も利用できます。

色々なお得なサービスがある

amazonプライムの会員になるには月額400円の費用がかかりますが、amazonのキャッシングカードを申込めばプライム特典が使い放題になるサービスが受けられます。利用の費用を負担する必要がなくなり、プライム会員と同様のサービスを受けられるためにamazonで通販をする際に時間指定やお急ぎ便の指定をしても追加料金は発生しません。

お急ぎ便を利用すれば、住んでいる地域によって注文してから即日で品物を配達してもらえます。プライム会員のみが視聴できるオリジナルのTV番組や人気の映画なども見放題になる特典があります。近年では動画配信サービスが増えていますが、他の動画配信サービスと比較してもamazonビデオはラインナップが充実しているので内容の遜色はありません。

日頃からamazonを良く利用していて、子どもがいる場合にはStudent会員やファミリー会員に登録するとさらにお得にカードを使えます。家族をファミリー会員にすれば期間限定のセール商品が購入できたり、特定の品物を15%オフの価格で買えます。

配送料や日時指定の料金がかからないので、お得に通販で品物を購入できるのも特典です。

コンビニのATMで使うことができる

amazonキャッシングカードの限度額は5~80万円です。他のキャッシングと比較すると利用限度額が低いことが特徴です。審査結果によっては1ヶ月中に使用できる金額が5万円になることもあります。自分がどの程度の借り入れ金額を望んでいるかによって、契約するかを決めたほうが良いでしょう。

大手コンビニであればどこでも利用が可能なので、日本全国の様々な地域に住んでいる人が使いやすいカードです。1万円単位の少額融資に対応しているので、数万円借りたいときに利用が可能です。コンビニのATMで現金を引き出せる時間帯はコンビニの店舗ごとに違いがありますが、大手ならば24時間利用できます。

キャッシングをする際の手数料は借り入れ金額ごとに設定が異なっていて、1万円以下のときは108円、1万円以上ならば216円かかります。

1回の利用ごとに手数料がかかるので、余計な経費を増やしたくない人は利用回数を考えて借り入れをしましょう。

銀行やコンビニATMで返済できる

返済の仕方は大手銀行やコンビニのATMを使えます。返済のときにも借り入れのときと同様の手数料がかかります。コンビニATMを使う際の注意点は手数料の他に、金銭感覚が無くなる点が挙げられます。銀行やコンビニのATMから現金を引き出しているとキャッシュカードを使っている気持ちになるために、借り入れをする意識が薄れます。

近くにあるATMで簡単にキャッシングできるのは便利ですが、利用回数が増えると返済が困難になるので気を付けましょう。キャッシングの利用は計画的に行うことが重要で、必要で無い場合には利用を控えることで借金が膨らむことを防げます。

利用していく中で疑問に感じることがあれば、受付時間の範囲内で電話をかけることで質問できます。キャッシングの問い合わせ窓口の受付時間は9~18時です。